2001-11-11

前回のあらすじ。turbolinux6.5server+userlink+ppxpでなんとか単体接続したのだった。

とうとう最終段階に突入した。ダイヤルアップサーバとしての機能を入れれば、とりあえず環境整備は終わりである。とその前に、DHCPサーバを導入することにした。今はホストマシンは高々3台であるが、これから先増えないとも言い切れないし、導入したほうが何かと便利だろう。設定は...、簡単なので省略。とにかく、ホストマシンをDHCPサーバを使用するように設定しさえすれば何の設定もいらなくなった。

次に、IPマスカレードの導入である。2.2.xカーネルではipchainsを使用する。この設定の説明も省略するが、一点だけ注意することがある。userlinkでモデムがトンネルデバイスとして動いているので、ppp0にはならずul0(多分)になっているはずである。ipchainsに設定する外部インターフェースもそれに合わせなければならない。後は、フォワーディングなどのポリシーを設定すれば終了である。

この状態で、PSOも接続することができる。PSOはブロードバンドアダプタ対応なので、BbAにハブからのケーブルを挿し、付属のドリパスでネットワークの設定を行えばOKだ。ただし、UDPを使用する設定にしていると(デフォルトでは使用しない設定になっている)接続できない。ダイヤルアップで接続したときよりも反応が遅いような気がするのだが、何とか繋がっているようである。

これで終了といいたいところだが、ftpが通らないのだ。ip_masq_ftpをロードしているのだが、listコマンドでエラーが返っちゃうのだ。まだ理由がわからないので、このページは、LAN経由でthinkpadにコピーしてからアップロードしている。これはさすがに面倒なので、どうにかしたいと思っている。(続く)


2016-11-11

プライベートビエラを修理に出した

そして帰ってきた。 パナソニック 15V型 ポータブル 液晶テレビ 防水タイプ 500GB HDDレコーダー付き プライベート・ビエラ ホワイト UN-15T5-W 以前購入したお風呂用テレビの電池の持ちが悪くなったため今年の1月に当時の最新モデルであったUN-15T5-Wを購入していままで問題なく使用していたんだけど、数週間ほど前からタッチパネルが反応せず、勝手にタッチされたような挙動をするようになってしまって、まともに使えなくなったので修理に出した。Amazonで購入していたため、Panasonicのページから直接修理を申し込んで、日曜日に集荷、木曜日に返送便が着ということで、それなりにスムーズにやり取りできた*1

amazonのレビューを見れば分かるとおり、タッチパネルの不具合はたくさん出ているようで、保証期間が切れたあと再発したらどうしようかなーという感じはある。

*1 最初土曜日午前中に集荷予定が取りに来なかったので半日損した