2018-11-22 [長年日記]

Sunset Overdrive

Sunset Overdrive DayOneエディション - XboxOne

スパイダーマンが面白かったので、ジェットセットラジオもオープンワールド化するべきですよねーという妄想をしていたのだけど、スパイダーマンの開発元である当のインソムニアックが開発したSunset Overdriveがそれっぽいということで気にはなっていた。

ただ、4年前のゲームでXbox One専売だったので、いまこのタイミングで本体ごと購入する気にもなれず保留していたところ、タイミングよく(というか、スパイダーマンのヒットも一因としてあるのかもしれない)Windows版がSteamとWindows Storeでリリースされたので早速購入した。

ゲームの内容としては、ストーリークエストやサブクエストを進めつつ、チャレンジをやってもいいし収集物を集めてもいいし、なんならそのあたりを走っててもいいし、という感じでアクション物としては比較的オーソドックスなオープンワールドといった趣。

このゲームで特徴的なのはガードレールや電線のグラインドやぶら下がり、自動車などのオブジェクトによるバウンドやウォールランなど豊富な移動手段で快適に移動できるところで、万能過ぎないというところも含めてスパイダーマンのプレイ感覚と通じる物がある。

TPSなのでアクション特化のものに比べるとキーバインドが多少特殊で(グラインド中、ジャンプ中のダッシュがRBとか)、慣れるのに少し時間がかかるけど、慣れてくればいろいろなアクションをつなげつつ縦横無尽に動き回れるようになってきて、収集物と各種行動によるバッジの取得からオーバードライブ強化という報酬もあり、とにかく移動が楽しいゲームになっている。

難点としては、こういった豊富な移動アクションに対して若干食い合わせの悪いシューティングと貧弱な近接戦闘で、銃器はガバガバエイムで適当にその方向を向けば照準があうようになっているんだけど、その上でもグラインドで移動している最中やバウンドしている場合は射撃がなかなか難しいし、近接戦闘は(いまのところ)バールによる3段コンボしかない。今はまだスタイルレベルによる強化がそれほどでもないので、これが強力になってくると印象もすこし変わるかもしれない。

Tags: ゲーム

お名前 : コメント :


2018-11-12 [長年日記]

ひたすらDOOMをやっている

Doom(R) - Switch

スパイダーマンもDLC第1段まではクリアして第2段待ちだし、スマブラまでちょっと間があるので時間がかかりそうなゲームを探したりしていたのだけど、最近仕事が忙しいこともあって、一度クリアしていてあまり考えなくても進められるDOOMのキャンペーンをぐるぐるしている。

手始めに2周目の手加減無用でクリアだけして放置していたデータで、適宜動画を見つつ収集要素とチャレンジ、シークレットと武器の強化解除を並行で進め、対応する実績がとれた。

すべてのシークレットやチャレンジを埋めていくと武器強化のポイントは余るというのが分かったので、もしかして最初から丁寧に要素を埋めていけばもう一つ上の難易度でもそれほど難しくないのでは?ということで、ウルトラバイオレンスで最初からプレイ。チャプター7の破壊されたアージェント施設まできたけど、シークレットで武器を先取りしているのもあって、リトライする回数は多いけど、ここまではそれほどきつくない印象。

本当は積んであるPrayとかを崩したいんだけど、移動操作のアナログスティックが感度良すぎてプレイする気になれない。

Tags: ゲーム

お名前 : コメント :


2018-10-30 [長年日記]

カプコン ベルト アクション コレクション

カプコン ベルトアクション コレクション - Switch

買ったのはSteam版。収録作品にそれほど思い入れはないんだけど*1パワードギアがコンシューマ初収録ということなので買わないという選択肢はなかった。

実績がそれぞれの作品のクリア(コンテニューあり)だったので、それぞれの作品をひととおりプレイして、現状はパワードギアの設定をゆるくして(難易度はそのまま、初期残機、コンテニュー時残機ともに5、エクステンドが10,000 & 80,000 every)ぼちぼち遊んでいる。

で、思うんだけど、ベルトスクロールアクションはすでに「死んだ」ジャンルなわけじゃないですか(じゃないですか話法)。死んだというと言いすぎかもしれないけどアーケード由来のゲームでシューティングはかろうじて生き残っているのに対し、アーケードでリリースされることは皆無で、最近出たメジャーどころだとコード・オブ・プリンセスがそれっぽいけどライン制だしなーという感じ。

なぜ死んだかの理由は明白で、アーケードで考えると初心者は1コインで最初のボスを倒せるかどうかくらいの難易度設定でいかにも短いのに対し、うまいプレイヤーは1コインクリアしちゃう。入り口が狭い割にはお店としてはインカムが良いわけでもなく、その後流行った対戦格闘と比べるとどうしても分が悪い。

ではベルトスクロールアクションが生き残る場所がどこにある(あった)のかというと、対戦格闘すらコンシューマが先でアーケード版がリリースされたりされなかったりする昨今、アーケードでビデオゲームというのが土台無理な話で、ではコンシューマで頑張ろうということになったときに問題になるのが残機制というゲームシステムそのもので、コンテニュー回数制限というのも今どきじゃないし、かといってコンテニューフリーだとゾンビアタックになるだけなので、比較的多めの体力で、回復アイテムと合わせて緩急をつけ、ステージ毎に引き継がないというのが良さそう。アーケードでもあるものもあるけれど、コンシューマで長く遊んでもらうためには成長要素は必須で、収集要素もあるといいかもしれない。

アクションでオリジナルキャラ、というのもいいけど、入り口としては版権モノか歴史モノがとっつきやすいので、天地を喰らえにならって三国志あたりが著作権フリーで使用できてよさそう。

ベルトスクロールアクションだと奥行きはあるもののその名の通り、ひたすら右に進んでいくだけだけど、今どきのマシンスペックなら上下左右どこにでもいけるというくらいでいいし、そこまでくるといっそのこと3Dでもよさそう。

…なんだ、三國無双じゃないか。

それはともかく、パワードギアからアーマード・コアのラインとかいろいろ考えたけど、本当に顧客(俺)がほしかったゲームはワイドスクリーン化したパワードギアでした。

Tags: ゲーム

*1 収録されていない作品も含めるとAVPが最多プレイ回数だと思う

お名前 : コメント :


2018-09-28 [長年日記]

Marvel's Spider-Man

【PS4】Marvel's Spider-Man

ということでスパイダーマン。映画ではこの間のインフィニティ・ウォーでサラサラになっちゃったけど、このゲームでは新聞社をやめ研究職に、という最近の原作に近い流れでありつつも研究所(といっても所員は所長とパーカーの二人だけ)の所長が(ネタバレ)だったり、市長が(ネタバレ)だったりと、オリジナルのストーリーラインをしっかり作り込んでいて、アイテム収集や写真撮影で垣間見える過去のエピソードと合わせてプレイを妨げない形で織り込んでいるのがよい。

このゲームを語る上で特筆すべきはやはりスパイダーマンならではの移動で、オープンワールドでいちばん重要なのは移動というのを昔から提唱してきた身としてはようやくわかってくれたかという感じ。と言いつつPS3のアメイジング・スパイダーマンやPROTOTYPEなど、構成要素としては近いゲームはあるんだけど、✕でジャンプして、R2でパルクールやスイングなど簡単操作で映画のような移動をすぐ再現することができ、その上で慣れてくるとかなりのスピードを出せるという懐の深さや、かなり再現度が高く、精細なグラフィックで表現されたマンハッタン島、移動中に流れるJJJのラジオや、ランダムイベントの発生など、移動のモチベーションを上げ、飽きさせない作りは最近のゲーム体験でも他にない感じがする。

戦闘は一対多を基本として、そのままではタコ殴りになるところを、ガジェットと空中戦、その場のオブジェクトを活かして切り抜ける感じや、お手軽ステルスやもらえるポイントが増えるお題が出ることでバリエーションを持たせていて、仕上がってるなーという感じ。一部のボス戦がやり方が分かると単調でQTEチックになるのはまあご愛嬌というところ。

スパイダーマン以外の操作やパズル、QTEは賛否が分かれるところだけど、ぬるめの難易度でそれほどボリュームもないので、個人的には許容の範囲内。ちなみにQTEとパズルはゲーム設定からカットすることができる。

(以下ネタバレ)

所長がドクオックで義手を研究しているという時点で嫌な予感がありつつも、メインラインとしては仮面の集団の台頭からリーの逮捕で一区切りついたかなと思ったところからライカーズの反乱、ラフト崩壊、シニスター・シックスの結成と、盛り上がらずにはいられない展開で「映画的な」という表現はこういうのに使うべきだよなーと思いつつ、本来食い合わせの悪いはずのしっかりとしたストーリーラインとオープンワールドという組み合わせでよくもここまで仕上げてきたと思うし、ある意味とても贅沢なオープンワールドの使い方だと思う。

Tags: ゲーム PS4

お名前 : コメント :


2018-07-23 [長年日記]

GDP WIN 2用にアダプターを購入した

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (0.9m レッド) PD対応 Galaxy S8/S8+、MacBook、MateBook対応 Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ【Power Delivery対応 60W 5ポート USB-C急速充電器】 iPhone X/8/8 Plus、MacBook、Galaxy S9、Xperia XZ1、その他Android各種対応(ホワイト) GDP WIN 2に付属していたACアダプタのコイル鳴きがひどく*1、気に触るレベルだったので複数のUSB充電をまとめるのと合わせてGDP WIN 2も充電できるACアダプタを探していた。

最初、紛らわしいブランド名でおなじみのAukeyのQC3.0対応のアダプタを購入したんだけど、こちらは給電はできるけど充電はできないためお蔵入りに。Amazon Prime DayでAnkerの製品が安くなっていたので改めて調べたところ、リンク先の製品が使用できそうだったので購入した。

結果、WDP WIN 2も問題なく充電でき、充電完了時に多少音がすることがあるものの、許容範囲になった。スマホやその他のUSBで充電できる機器をコンセント一つにまとめることができた。

*1 常時鳴っているわけではないんだけど、満充電になると盛大に鳴り出すことがある

お名前 : コメント :